アッテネータ 再実験

今まで行っていた実験では、分配器を用いていたがこれがインピーダンス不整合となり出力が想像と違うものになっていたことが分かった。インピーダンスを整合させたまま出力を分配するには、パワーディバイダが必要。

今まで行ったアッテネータ回路の出力部に50Ωを取り付け、入力部と出力部にそれぞれプローブを当て出力測定をした。

3dBπ型アッテネータ

3dBπ型アッテネータ

今までは30,90MHzのところで大きな減衰となってしまっていたが、おおよそきれいな3dB減衰を得ることが出来た。

PINダイオード 可変アッテネータ

可変アッテネータ

Vccやコントロール電圧のかけ方は前回と同じである。

これも抵抗のものと同じように30,90MHzで大きく減衰していたのがなくなった。20MHzより下の周波数で大きな減衰となっているのは、PINダイオードの特性と考えられる。

50MHzでのコントール電圧と減衰量の関係

前回よりコントール電圧に合わせて減衰するようになった。

周波数と可変量の関係

LCを2倍にした可変アッテネータも同じ方法で測定しようと試みたが可変しなかったため、行わなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です