AD9851統一回路の製作

DDS制御ユニットを一体化した回路を製作する。

製作は以下の点を踏まえて行う。

  • 設計はFPGA接続前後で分け分担して行う。自分の担当は接続後の部分。
  • FPGAからDDSへの入力の際のコネクタは13pinのピンヘッダ、DDS1,2からBPF,AMPを経由した出力はSMAコネクタを使用。
  • DDSは表面実装で取り付ける。
  • BPFの帯域幅は100~120MHzとする。また,このBPFは共同研究者によって以前設計されているものを使用。BPFの製作
  • AMPにはSMA3103を使用。SMA3103について
  • 電源はFPGAから5Vを供給。
  • 設計にはKiCADを用いて行い、将来的に基板を外注するので両面基盤として設計。
  • 配線幅は最小で0.4mm。
  • ベタグランド、スターグランド、ティアドロップ配線を行った。
  • DDS1,2に接続するREFCLOCKは等長配線を行う。詳細は他の記事に示す。  等長配線
  • 基板の四隅に角から縦横2.5mmずつ離して直径3mmのケース固定するための穴をあける。

製作した回路図

製作したパターン図

今後、これを基板加工機でテスト製作を行う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です